menu: TOP | Text・File | Graphic | Network | Shell・Others | Game | Wintab 

シェル関係・その他

Windows 95/98/2000/XP/Vista/7用
ZIPで圧縮されています。を押すと画面キャプチャが出ます

シェル関係
Drop (WIN95/148K)
アプリケーションの外部ツール起動等からファイルのドラッグ&ドロップを開始します。
dropを起動すると、与えられたファイルを好きなアプリケーションへドロップすることができます。Vistaにも対応しています。
2007/02/03 1.0 リリース

Susafe (WIN95/281K)
エクスプローラからファイルをダブルクリックで開くとき、起動済みアプリケーションにドラッグしたことにすることにより、ファイルの開くのを速くするユーティリティです。
また、Susieでまだカタログファイルを作っていないフォルダでエクスプローラの右クリックメニューからカタログで開く機能があります。


mkst (WIN95/176K)
右クリックポップアップメニューからスタートメニューにショートカットを作成。

Surun1(WIN95/121KB)
Susie(©たけちん)でカタログをまだ作っていないフォルダでカタログで開く右クリックメニュー(Susafeと同じ機能)

IEIG (WIN95/99K)
IEIG.EXEの起動毎にInternet Explorerの画像の表示・非表示を行います。

shutdwnd (WIN NT/2000/16K)
再起動、シャットダウンをするのみのEXE2個。Windows NT/2000用

tofd3 (WIN95/153K)
フロッピーディスクにファイルコピーした後、もとに戻そうとした場合、ファイルが壊れている場合があります。このツールはその予防として、3つコピーするものです。
・フロッピーをクイックフォーマットすることができます。
・コピーする数は1~10まで変更できます。


その他
tir (WIN95/129K)
起動すると時間の記録が始まります。毎月ごとにリセットされます。止めた時、秒が30以下なら切捨て、30を超えると切上げされます。経過時間を修正できます。
用途:従量制インターネットを使っていて、ダイアルアップルータを使ってる時、使用時間を手動で計るしかない時使います。


jappast (WIN95/150K)
起動するとクリップボード内のJIS、EUCのテキストを表示。ALT+Vでも変換してペースト

poirec (WIN95/236K)
点を置いた順のデータを作成。マウスドラッグと慣性付きキーボード移動で自然な移動。
データ形式:数値は2バイト(0~65535)
[点の個数][X1,X2,X3,X4…][Y1,Y2,Y3,Y4…]

spimgchk (WIN95/182K)
指定したフォルダ以下の複数のフォルダに分散した画像ファイルをリスト表示して、確認するソフト。
Susieのプラグインを入れると色々な画像に対応。

posimg (WIN95/148K)
下絵の上に小さな絵を置いてその座標をチェックするツール。
大きなキャラクター画像の上に瞬きする目の小さい画像を表示するようなプログラム(パーツアニメ)の作成に使います。
指定した枠の座標(X,Y,W,H)を確認する機能もあります。

chgdis v1.1 (WIN95/126K)
コマンドラインに指定して画面解像度を変更。
例) chgdis.exe 800x600 75hz
v1.0 2008/08/01 リリース
v1.1 2008/08/04 リフレッシュレート指定オプション

chgrgb (WIN95/127K)
ピクセルのRGB指定で色を変換します。

exec (WIN95/124K)
コマンドを起動し、3秒間待った後、終了。
exec.exe コマンド コマンドのパラメータ…
用途:他のアプリケーションから何か起動したとき、アプリケーションは起動されたアプリケーションが終了するまで、待ち状態になるものタイプのものがあります。また、何かしらのファイルを引数とした場合、終了後、そのファイルを削除するタイプのものがあります。exec.exeから起動することで、コマンドはアプリケーションとは別に起動し(アプリケーションにとって起動したものはexec.exeなので)、また3秒間待つことで、とりあえず、コマンドへファイルは渡されるでしょう。
v1.1 2008/09/11 3秒待たないで瞬時に終了する隠しコマンド(バッチファイルで起動して、その起動したアプリが終わるまでバッチを止めないで進めるときに使います。

yncon (WIN95/54K)
コマンドプロンプトでYかNを聞き、キーを押すと、ERRORLEVELに返します。
YかEnterが押された場合:0 NかESCが押された場合:1
・バッチファイルでの使用例
@echo off
yncon
if ERRORLEVEL 1 GOTO SKIP
echo "Yが押された"
:SKIP

imgsplit (WIN95/141K)
1つのbmpから指定したサイズに分割した連番のbmpを保存する。開いたファイルのディレクトリに_splを付いたディレクトリに出力される。

br (WIN/138KB) 
クリップボード内テキストの改行に<br>を入れてクリップボードに入れる

janbko (WIN95/139K)
クリップボードをエクセルで開く。

cutpaste simulator (WIN95/137K)
ランダムなテキストをカット&ペーストするデモ。クリップボードは使っていません。

tskbarntf (WIN95/134K)
指定した秒毎にタスクバーが目立つランダム文字列を3秒表示

secren (WIN95/129K)
ファイル名を暗号化/複合化

popo (WIN95/230K)
指定した分後に音やポップアップ

dotppt (WIN95/214K)
O、%、/などの文字列をランダムに表示

renabc (WIN95/250K)
複数のファイルをドラッグするとそのファイルの名前を順番に変更するダイアログ

fpc (WIN95/170K)
行番号の無いbasファイルを引数にして起動すると、行番号をつけて99 BASIC上で起動します。
置換、関数、ローカル変数、switch文、複数行if文対応機能付き。
2013/12/20 v1.1 switch文、複数行if文対応
※99 BASIC インタプリタ:公式ホームページ

opencpy (WIN95/244K)
引数に指定したファイルを指定したディレクトリーにコピーして開く
popkun (WIN95/126K)
引数に指定したディレクトリ以下のサブディレクトリ構成と同じようにファイルやリンクをポップアップメニューで表示して、クリックするとそれを起動。
戻る